ちょっとディープな生物の世界

異化の種類まとめ-呼吸・発酵・腐敗の違い-

異化とは

複雑な物質(結合にエネルギーを持っている)を分解することで、エネルギーを取り出す反応を異化と呼ぶ。取り出したエネルギーはATP合成に使われ、ATPの高エネルギーリン酸結合内に保存される。異化には呼吸、発酵、腐敗がある。

ATP

http://ishigurolab.web.fc2.com/

呼吸

呼吸は外呼吸細胞呼吸(内呼吸)がある。一般的に生物学で指す呼吸とは細胞呼吸のことである。

外呼吸とは生物が外から肺やえらを使って酸素を吸収し、二酸化炭素を放出することを指す。肺を使う場合には肺呼吸、えらを使う場合にはえら呼吸と呼ぶ。両生類などは皮膚呼吸を行い、節足動物は気管を使うので気管呼吸と呼ばれる。

https://magnoliatherapyla.com/

一方、細胞呼吸とは有機物(呼吸基質)を分解してエネルギーを取り出す反応である。細胞呼吸には嫌気呼吸好気呼吸があり、嫌気呼吸は酸素を用いず、後記呼吸は酸素を用いる。好気呼吸の方が嫌気呼吸よりも効率が良い。

外呼吸 肺呼吸、えら呼吸、皮膚呼吸、気管呼吸など。酸素を体内に取り込む
細胞呼吸 嫌気呼吸 酸素を使わないで呼吸基質を分解
好気呼吸 酸素を使って呼吸基質を分解

発酵と腐敗

微生物が有機物を分解してエネルギーを取り出す働きを発酵と呼ぶ。発酵のプロセスは解糖系とほぼ同じである。解糖系は細胞呼吸の1つの過程であるのに対し、発酵ではその先がないとの違いがある。

ヒトにとって有用なものができる場合は発酵、有害なものができる場合を腐敗と呼ぶ。

https://themoealibeirutvibes.wordpress.com/

発酵と腐敗の違い

発酵と腐敗はあくまでヒト視点での区別(ヒトにとって有用かどうか)であり、厳密には違いはない。

https://www.thepaleomom.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。