ちょっとディープな生物の世界

癌はどのようにして生じる?-がん遺伝子・がん抑制遺伝子p53-

癌と(がん)とは

癌(別名:悪性腫瘍)は、遺伝子等の損傷によって制御を失った細胞が増殖を繰り返してできる腫瘍のことである。下画像は乳癌の細胞である。

https://en.wikipedia.org/

正常な細胞は細胞分裂にストップがかかるシステムが働いているが、癌化した細胞は過剰な分裂を繰り返す。その結果、組織を破壊する。また、癌細胞が他の組織に転移することによって、様々な組織が破壊され、最終的に個体が死に至る。

がん遺伝子・がん抑制遺伝子

癌が起こる原因には、がん遺伝子がん抑制遺伝子の2種類の遺伝子が関与している。がん遺伝子は壊れることによって細胞のがん化を引き起こす遺伝子で、細胞分裂を制御する遺伝子などである。

一方、がん抑制遺伝子とは、細胞増殖を抑制する遺伝子のことである。例えば「p53」とよばれるがん抑制遺伝子は、細胞周期の調節、アポトーシスの誘導、DNAの修復の機能を持っている。これが損傷すると細胞ががん化することが知られている。

p53のpはタンパク質(protein)、53は分子量53,000を意味し、その遺伝子産物であるp53タンパク質は393個のアミノ酸から構成されている。

https://en.wikipedia.org/

がん細胞は不老不死

がん細胞は普段はストップされているテロメラーゼの遺伝子が発現しており、テロメアを伸ばすことができる。テロメアとはDNA末端の配列のことで、細胞分裂の度に短くなり、ある程度の短さになると細胞分裂ができなくなる。テロメアの短小がないため、がん細胞には寿命(細胞分裂の限界)がない。

https://en.wikipedia.org

実際に1951年に子宮頸癌で亡くなった30代黒人女性から取り出されたがん細胞(Hela細胞)は未だ培養され続けている。Hela細胞は増殖性に富んだ細胞として研究で重宝されている。

https://ja.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。