自然(生き物)大好きな子どもにプレゼントしたい絵本まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーブル昆虫記の虫たち

傑作中の傑作。緻密な昆虫の絵が、自然への愛を感じさせる。

地面の下のいきもの

またしても細かな描写の絵で、見えない地下の世界を描き出す。想像力が刺激される絵本。

夏の虫 夏の花

この絵もまさに生物スケッチ的なタッチの絵で細密。それぞれの動物に名称がついているのが良い。

道ばたの四季

四季折々の変化を美しい水彩画と共に味わうことができる。これもそれぞれ動物・植物の名称がついているため、勉強になる。

木の本

木の幹や芽、花や葉っぱや種子などが綺麗で丁寧な絵で描かれている。こういうスケッチ画の良い所は、描き手がしっかりと特徴を意図して書いているところだろう。見ているだけで、その木の特徴がわかる。

生物の消えた島

100年前、大噴火によって生物が死に絶えたクラカタウ島。やがてその島に生物が移住してきた。島が「生き返る」壮大なストーリー。

仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界

ヒトの視覚と動物の視覚はもちろん違う。動物だったらどう見ているのかを再現しようとした絵本。生物世界の多元性に気づかされる一冊。

たねがとぶ

植物がどのように種を飛ばして分布を広げていくのか、それだけのことにも計り知れない生物の知恵がある。

雑草のくらし

何気ない雑草の生き方の力強さ、自然さが感じられる名作。

びっくりまつぼっくり

子どもなら誰でも拾う松ぼっくりの不思議さに注目した一冊。こういう何気ない日常の不思議さが子どもの興味を掻き立てる。

どんぐり

どんぐりの一生に注目した絵本。どんぐりに関わるリスなどの小動物の働きも描かれている。自然のサイクルを感じる一冊である。

ぼく、だんごむし

ダンゴムシは自然界の掃除屋さんである。落ち葉などを食べて糞として排出している。そんな自然を支えるダンゴムシの生態を柔らかい絵で描いている。

みんなうんち

「いきものは たべるから みんな うんちをするんだね」、そんな当たり前は、子どもにとっては当たり前ではない。

おなら

「肉食動物のおならは臭く、草食動物のおならはそんなに臭くない」、子どもはおならが好きです。

アリから見ると

「アリから見たらどう見えるのか」、それを写真で表現した絵本。どんな昆虫もアリから見たら巨大生物である。

しっぽのはたらき

様々な生物は、色々な形のしっぽを持っているが、それぞれ機能が異なっている。多くの気づきが与えられる一冊。

かぶとむしは、どこ?

子どもが大好きなかぶとむしの一生を描いた一冊。カブトムシ探しもしっかりとした知識を学びながら。

ぞうきばやしのすもうたいかい

子どもが大好きなカブトムシも登場する絵本。ぞうきばやしでは、樹液を巡って闘いが行われている。そこに住む生物にとっては、必死の戦い。

ざりがに

子どもが好きな水中生物ザリガニの生態が、力強くかつ緻密な絵で説明されている。絵の迫力がすごい。

ホネホネどうぶつえん

それぞれの骨が表情を持っているかのような、骨のみの動物園。動物の骨格には驚かされることばかり。

どうぶつのおかあさん

どうぶつの母親が、どのように子どもを運ぶのかを描いた一冊。色々な方法で大事に子どもを運んでいる。

やさいさん

ツペラツペラの仕掛け絵本。色々な野菜が、ポップに丁寧に描かれている。すぽーん。

稲と日本人

「稲と私たち日本人は、動物と植物というかけはなれた間柄ではなく、生死をともに生きぬいた、かけがえのない仲間同士なのです。」、米を大事に食べようと思わされる一冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*