ちょっとディープな生物の世界

自然界で発見例がない水族館で偶然見つかったコブエイレネクラゲ

コブエイレネクラゲとは?

コブエイレネクラゲはマツバクラゲ科マツバクラゲ属に分類される生き物です。コブエイレネクラゲは1992年に日本の鳥羽水族館で偶然発見されたクラゲです。自然界では発見された例はなく、水族館でしか見つかっていません。そのため、自然界のコブエイレネクラゲがどのような生態を持っているのか全く明らかになっていません。

増やすことに成功し全国の水族館で飼育されています。見た目はどこにでもいそうなクラゲなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。