ちょっとディープな生物の世界

赤いボディに青い脚が映えてめちゃくちゃかっこいいムカデ「ブルーレッグオオムカデ」

ブルーレッグオオムカデとは?

ブルーレッグオオムカデ(Scolopendra subspinipes ssp.)は中国の海南島に生息する全長16cmに達するトカゲです。

photo by aucfree.com

ブルーレッグオオムカデは青色の脚が最大の特徴で、赤いボディと青い脚のコントラストは非常に美しいです。青い脚は保護色となったり、鳥類に対して警戒色になったりしています。毒がありますが、噛まれた人間についてのレポートがなく、どのような効果を持つのかわかっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。