自然選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然選択

集団の個体で、有利な形質を持つものが次世代に子孫を多く残すことを自然選択と呼ぶ。自然選択によって遺伝子頻度が変化する。

自然選択

選択圧

自然選択を引き起こす要因を選択圧と呼ぶ。温度、降水量、光、種内競争、配偶相手、捕食者などが選択圧となる。

森林

適応進化

自然選択を経て、環境に適応した個体が残る現象を適応進化と呼ぶ。適応進化には、擬態、工業暗化、共進化、正選択、適応放散、収束進化などがある。

擬態

風景や他の生物に姿を似せるように形を変化させた進化である。

クモ

タツノオトシゴ

工業暗化

工業の発展により、スモッグが街を覆うようになると、オオシモフリエダシャクというガの暗色型が増加した。明色型は鳥に捕食されやすくなったためである。

共進化

異なる生物同士がお互いに影響しあって進化を促す現象を共進化と呼ぶ。

共進化
蛾の口と、ランの距(きょ)http://ameblo.jp/kawai-n1/entry-10791755919.html
性選択

同性間や異性間での選択圧による進化。

孔雀
孔雀の尾は生存には不利だが、メスの気を引くものとなっている。
適応放散

共通の祖先を持つ生物種が、様々な種に分かれる現象。有袋類など。

適応放散
収束進化

類似した環境で進化した別の生物種が、しだい形質が似てくる現象。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*