遺伝子組み換え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺伝子組換え

DNAに特定の塩基配列を組み込むことを遺伝子組換えと呼ぶ。インスリン、成長ホルモン、インターフェロン(抗癌剤などが遺伝子組み換え細菌によって合成されている。

糖尿病治療-インスリン-

様々な生物で遺伝子組み換えが行われているが、大腸菌のインスリン合成が有名である。大腸菌からインスリンが合成される前はブタのインスリンを抽出して利用していた。

科学者たちはヒトインスリンに構造が非常に近いブタやウシのインスリンからヒトインスリンを合成する研究を進めた。1979
年、ノボ社がブタインスリンから酵素変換法によるヒトインスリン(半合成)の合成に成功し、1982年に世界初のヒトインスリン製剤「アクトラピッド
ヒューマン」、「モノタードヒューマン」を発売した。ヒトインスリン製剤の登場で、アレルギー反応などの副作用は激減した。

しかしこの方法では、将来的な材料不足の懸念は解消されていなかった。1人の糖尿病患者が1年間に使用するインスリンを生産するには、約70頭のブタが必要だったからだ。

http://www.novonordisk.co.jp/

豚

豚の膵臓の山http://blog.goo.ne.jp/

大腸菌の遺伝子組み換え

遺伝子組み換え大腸菌は次の手順で作成される。。

  1. ヒトのインスリンの遺伝子を制限酵素で切り取る。制限酵素はある配列でDNAを切断する酵素である。
  2. 大腸菌のプラスミド(環状DNA)を同じ種類の制限酵素で切り取る。すると、切り口が同じになる。
  3. ヒトの遺伝子とプラスミドをDNAリガーゼで結合させる。
  4. 組み換えプラスミドを大腸菌に戻し、複製、発現させる。

プラスミドのように、遺伝子の運び手となるものをベクターと呼ぶ。

遺伝子組み換え
遺伝子組み換え方法http://www.bbc.co.uk/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*