PCR法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応法)

DNAのコピーを大量に作る方法である。遺伝子組み換え実験などでは、大量の遺伝子が必要となるため、どの実験室にもPCRの装置がついているほどである。次の手順で行われる。

  1. 増やしたいDNA(2本鎖)を95℃に加熱する。すると、塩基の水素結合が離れ、1本鎖になる。
  2. 60℃に冷却し、増やしたいDNA(1本鎖)にプライマー(RNA)を結合させる。
  3. 72℃に加熱し、DNAポリメラーゼによってDNA複製をさせ、2本鎖にする。このDNAポリメラーゼは熱に強い好熱性細菌のものを使用する。
  4. 1~3の過程を何度も繰り返すことによってDNAを大量に増幅することができる。

PCR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*