植物の器官の分化

茎頂分裂組織
植物の先には、茎頂分裂組織と呼ばれる細胞分裂を盛んに行い、伸長成長をさせる組織がある。中央部、周辺部、茎頂内部の3つの領域に分けることができる。茎頂を構成している細胞の領域はほぼ同じに保たれている。これは、分裂組織を維持する遺伝子と領域拡大を抑制する遺伝子が働いているためである。

体軸の決定
植物の体軸には次の3つがある。
基部軸(主軸):茎から根の上下軸
向背軸:葉の上下軸
放射軸:茎や根の中心から外側に向かう軸

向背軸の形成
向軸と背軸にはそれぞれ異なる遺伝子が関わり、形態形成に違いを生じさせている。

根の放射軸
根の横断面を観察してみると、各組織の細胞(表皮、皮層、内皮、内鞘、維管束など)が放射軸に沿って層状に存在する。これらは胚の発生時に確定する。

根端分裂組織の維持
根端分裂組織には静止中心と呼ばれる場所があり、分裂組織(コルメラ始原細胞)の幹細胞の分化を抑制している。コルメラ始原細胞とは幹細胞の一種である。

花の形成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。