イカの解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

イカを解剖し、目のレンズ、えら、肝臓、心臓、直腸、墨汁嚢、血液の色(ヘモシアニンを使用しているため赤くない)を確認する。

イカの解剖

準備

  • 試料:スルメイカ(できるだけ大きくて新鮮なもの、冷凍でも可)
  • 器具:百均のキッチンばさみ(意外とよく切れる)
  • 試薬:色水(赤インク)

実験方法

  1. スルメイカを動画の通り解剖していき、それぞれの部位を観察する。
  2. 口から色水を流し込み、食道を通る様子を観察する。
  3. 時間があったらおいしくいただきましょう。

結論

イカは頭に手足が生えている奇妙な生物である。血は赤くなく青い(ヘモシアニン)。しかし、基本的な生命維持のシステムは他の生物と変わらない。

ヘモシアニン

参考 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*