自律神経の働き確認(心臓の拍動)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

心臓の拍動自体は心臓にあるペースメーカーが支配しているが、そのペースアップ・ダウンは延髄が自律神経系を通じて支配している。拍動の変化を測定する。

準備

  • 試料:ヒト
  • 器具:ストップウォッチ
  • 試薬:なし

実験方法

  1. 1分間の脈拍を測定する。
  2. 20回程スクワットした直後の脈拍を測定する。

結論

緊張している際(運動している際)には延髄を通して交感神経が活性化され、末端からノルアドレナリンが分泌され、心臓の拍動が早くなる。

自律神経

参考 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*