メダカの体色変化の観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

メダカは環境に合わせて体色を変化させることが知られている。鱗にある色素胞内の色素顆粒の凝集・拡散によって体全体の色を変化させることができる。明所と暗所での色素胞を観察する。

色素胞

準備

  • 試料:メダカ数匹
  • 器具:白色の紙で底と側面を覆ったビーカー、黒色の紙で底と側面を覆ったビーカー、顕微鏡等

実験方法

  1. 白色ビーカーと黒色ビーカーにそれぞれメダカを数匹入れ、10分間放置する。
  2. それぞれのメダカの鱗を1枚剥ぎ取り(鱗は再生する)、顕微鏡下で観察する。

結論 

  1. メダカの目から入る光が刺激となり、細胞内にアドレナリンが分泌されるので色素顆粒の凝縮が起こり、明るい場所では明るい体色となる。

参考



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*