動物の組織-上皮組織-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上皮組織の種類

上皮組織は、役割によって保護上皮、吸収上皮、腺上皮、感覚上皮の4つに分類することができる。また、上皮は構造によっても分類することができ、単層上皮(へん平、下図右中央)、単層上皮(円柱、下図右下)、絨毛上皮(下図左上)、多層上皮(下図右上)がある。

上皮

保護上皮

体表や血管の上皮細胞。保護する役割を持つ。皮膚の表皮などがある。下の画像では色が濃い上部が角層、その下のやや色が濃い部分が表皮である。

表皮

吸収上皮

微絨毛(細かい毛のような構造)を持っており、 表面積を大きくして物質を吸収しやすくしている。腸の上皮などがある。

絨毛

腺上皮

腺を形成している上皮。分泌機能を持っている。唾液腺、汗腺、乳腺などがある。

唾液腺

感覚上皮

感覚毛などを持ち、神経系に刺激を伝える役割を持つ。 聴細胞によって構成されている上皮(耳のコルチ器の上皮)などがある。下の画像では聴細胞が規則正しく並んでいる。 

chosaibou 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*