ちょっとディープな生物の世界

【Q&A】一番妊娠期間が長い・短い哺乳類は何?

妊娠期間が最も長い動物:ゾウ

「妊娠期間」ですから、対象は哺乳類です。哺乳類の中で妊娠期間が最も長い生物はゾウであることが知られています。

ヒトの妊娠期間が十月十日と言われていますがゾウの場合には22か月間であることが知られています。赤ん坊の体重は120kgです。

ちなみに他の妊娠期間が長い動物は、キリン15か月、シャチ10-15か月、マッコウクジラ16か月などがいます。

世界最大の動物シロナガスクジラは妊娠期間は意外と短く、10-12か月です。

妊娠期間が最も短い動物:オポッサム(フクロネズミ)

 

妊娠期間が最も短い哺乳類はオポッサムです。その期間は12日と極めて短いです(動画の赤ちゃんはだいぶ大きくなった個体です)。

オポッサムは有袋類に含まれる動物です。普通、有袋類は超未熟児で赤ちゃんを産み、その後にポケットの中の母乳で育てます。しかし、有袋類のオポッサムには、メスのお腹の袋がなく、未熟な子どもは、乳首にぶら下がったまま、移動しながら成長します。

http://mitsumeyokocho.blogspot.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。