ちょっとディープな生物の世界

円盤状のタコ!キモカワイイ生物の代表格「メンダコ」

メンダコとは?

メンダコはメンダコ科に属するタコの仲間です。体全体が円盤状で、背面に2つの目、ロート孔、内臓を包む内臓嚢が突き出しています。また耳たぶのようなヒレが2つあり、ひょこひょこ動かしながら泳ぎます。

足は一応8本ありますが、どれも短く実用性はあまりありません。裏返して見ると、足に沿って吸盤が一列に並んでいます。これを見ると「あぁタコなんだ」と安心します。

メンダコは水深200 mから1000 m付近の海底近くに住む深海性のタコで、詳しい生態はわかっていません。味は「海水みたい」で非常にまずいんだそうです。海水みたいな味って何だ??

江の島水族館で展示されていることもあるそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。