ちょっとディープな生物の世界

ウンコにたかるリアルなハエが描かれた羽を持つヤツ「モンウスギヌカギバ」

モンウスギヌカギバとは?

モンウスギヌカギバ(Macrocilix maia)とはカギバガ科に分類される蛾です。日本や中国、スマトラ、マレー、インドなどに生息しています。

モンウスギヌカギバは見事な擬態の模様を持つ蛾として有名です。羽にはリアルなハエの姿が描かれており、鳥の糞に集まる2匹のハエに見えます。

ハエを捕食する動物を引き寄せるデメリットはありますが、大抵の鳥は糞にたかるハエに興味を抱かなかったのでしょう。そんな自然淘汰が繰り返されて、ここまでリアルになりました。もう何万年後かにはさらにリアルになっているかもしれませんね。

自然淘汰ってヤバいと思わされる生き物。

日本にも生息していますが、そこまで擬態の精度は高くない模様。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。