ちょっとディープな生物の世界

「アカシュウカクアリ」のオスは口もなくただ交尾するためだけに生まれてくる

アカシュウカクアリとは?

アカシュウカクアリ(Pogonomyrmex barbatus)はアリ科に分類されるアメリカに生息するアリです。

photo by wikipedia.org

アカシュウカクアリのオスは成虫になると交尾をした後、1日か2日で必ず死ぬようになっています。というのも、アカシュウカクアリのオスの口は退化しており、エサを摂取することができないようになっています。

オスたちは夜になると集団になって体を温め体力を温存しますが、翌日、運がよくて翌々日にはエネルギー切れで死んでしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。