ちょっとディープな生物の世界

【動画】どっちが頭か尾か全くわからないシジミチョウの仲間「Panthiades bathildis」

尾を頭に擬態させる

シジミチョウの仲間は羽の先を自分の頭に擬態させています。羽の先には触覚のようなでっぱりがあり、これを尾状突起と呼びます。このチョウは尾状突起を擦り合わせるような動きをして、触覚が動いていると捕食者に勘違いさせます。捕食者は羽の部分に噛みつき、チョウは致命傷を負わずに逃げることができます。

パット見たしかにわかりづらいですね。

尾状突起の動きがリアルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。