ちょっとディープな生物の世界

【動画】体全体がとてつもなく大きい巨人症の男性、声の低さが半端ない

巨人症とは?

巨人症は成長ホルモンが分泌されすぎることによって生じる病気です。子どもならば身長が著しく伸び、大人ならば身長が伸びない代わりに骨が変形したり、一部が肥大したりします(大人になってから発症することもあります)。

高身長になりすぎると関節に負担がかかりすぎ、重度の患者は両手で杖をついて歩かなければならなくなります。

体の大きさにも驚かされますが、声の深さ(?)が半端ないです。美声。

こちらの女性も周囲の人間よりも一回り大きいです。

関節を痛めて杖なしでは歩けません。

巨人症では額や顎が出るなどの特徴があります。この男性は小さいころから差別で苦労したそうですよ。

ベッドからはみ出てしまっている巨人症の男性、一般に流通しているものが使えないのは不便ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。