ちょっとディープな生物の世界

幼虫を接着剤代わりに使って巣をつくるヤツ「ツムギアリ」

ツムギアリとは?

ツムギアリ(Oecophylla smaragdina)はハチ目アリ科に属するアリの一種です。気性が荒く攻撃的な性格で、トカゲなどの大きな生き物でも生きたまま襲って食べます。

photo by wikipedia

ツムギアリは葉を丸めて巣を形成します。その際に、なんと自分の幼虫を咥えて、幼虫が吐く糸を使って葉を繋ぎ合わせます。

photo by wikimedia

この糸は幼虫が蛹になる時に必要なものであり、接着剤として使われた幼虫は蛹になることができなくなります。

photo by youtube

アリってなんでもありですわ、ほんと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。