【閲覧注意】ヘビの毒を抽出した後に血液に垂らしてみたらえらいことになった

この毒ヘビに噛まれると一瞬で脳の血管がつまりそうです。ヘビ毒には3つの種類、神経毒、出血毒、筋肉毒の3つの種類があり、動画に登場するのは出血毒です。

出血毒は、血液のプロトロンビンを活性化させ、血液を凝固させます。その際に凝固因子を消費する為、逆に血液が止まらなくなる症状が引き起ります。さらに、血管系の細胞を破壊することで出血させ、血圧降下、体内出血、腎機能障害、多臓器不全等により絶命します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。