【閲覧注意】巨大な匂い玉(膿栓)を取り出す映像コンピレーション

匂い玉(別名:膿栓)は食べ物の欠片、細胞の死骸、ゴミなどがカルシウムなどによって硬い物質となったものです。

この匂い玉は口蓋扁桃と呼ばれる位置にでき、扁桃ではバクテリアが引き付けられ免疫反応の場となっています。このバクテリアが繁殖し、被膜などが形成されると、その粘液が硬質化して匂い玉となります。正式名は扁桃結石です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。