ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】年老いたリーダーのチンパンジーが同グループ内の若者に殺される。チンパンジーの同種殺しは激しすぎる

殺害されたチンパンジーの体は殴打されて流血しており、部分的に食べられていました(共食い)。研究者たちは2005年以来セネガルでチンパンジーのグループを観察し、群れのリーダーの個体を識別していました。しかし、 2年後にリーダーの個体は権力を失い、若い男性たちのグループに倒され、グループの外に住んでいました。そして、その後、殺されました。

グループ同士の抗争による殺し合いはよく起こりますが、チンパンジーがそのコミュニティ内で殺し合うというのは珍しい例のようです。

ちなみにこちらが敵対するグループの赤ん坊を捕らえて食べている様子です。

【閲覧注意】巨大な群れを持つチンパンジーの集団が敵チンパンジーを殺して食べるという衝撃的事実【カニバリズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。