ある単語を認識する時に脳のどの部分が使われているのかをマッピングしてみてわかったこと

ある単語が脳のどの領域で反応するかを示す地図を作製しました。1つの単語は、1つの領域に留まらず、複数の領域を活性化させることがわかりました。地図は、言語が皮質全体にどのように広がっているかを明らかにし、また意味によって単語がグループ分けされていることが判明しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。