ちょっとディープな生物の世界

お酒大好きで毎日すごい量飲むけど全然酔わないヤツ「ツパイ」

ツパイとは?

ツパイは哺乳網ツパイ目に分類される動物です。見かけはネズミに似ていますがサルに近い仲間です。現存するサルはツパイのような生物から進化したと考えられています。耳はサルっぽいです。

photo by youtube

ツパイが生息するマレー半島には、蜜が発酵してアルコールとなるヤシの木があります。ヤシはこの発酵臭でツパイを誘い出し、蜜を吸わせ花粉を付着させます。

photo by wikipedia.org

ツパイの主なエネルギー源はこの蜜(酒)で、すごい量を飲みます。人間に換算するとビールの大瓶を毎日7~8本摂取しているのと同じくらいのアルコール量ですが、肝臓のアルコール分解能力が非常に優れているため全く酔いません。うまー!と飲んだら次の木の行き…ヤシにとっても花粉を運んでくれてウィンウィンの関係なんです。

下画像のツパイは酔いつぶれているのではなく、研究のために麻酔によって眠らされているだけです。
photo by pnas.org

酒を飲んでいる動画はなかったのですが、水を飲んでいる姿。ペロペロかわいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。