ちょっとディープな生物の世界

のど袋をめちゃくちゃ膨らませたフクロウナギが海中を漂う音符にしか見えない

のど袋を広げると球体になる謎の魚

フクロウナギはフウセンウナギ目フクロウナギ科に属する魚です。深海魚として知られており、水深550-3,000mに生息しています。口が非常に大きく、のど袋を最大限に広げた場合には球体状になります。まるで海に漂う音符です。

なぜ大きな口を持っているの?

餌は主にプランクトンを捕食していますが、詳しい生態はわかっていません。両顎には多数の小さな歯が並んでいることから、大型の餌は食べていないと推定されています。しかし、餌が見つからない非常時には魚などを捕食できるように大きな口を持っているのではないかと推測されています。

https://ja.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。