ちょっとディープな生物の世界

エビっぽいのに全然泳げないけど総重量半端ないヤツ「オキアミ」

オキアミとは?

オキアミは軟甲綱ホンエビ上目オキアミ目に分類される生き物です。見た目はまんまエビですが、オキアミはエビとは違って胸肢の付け根に鰓が露出しています。

photo by wikipedia.org

オキアミは体長は6cmに達しますが、殆ど泳ぐことはできません。そのためプランクトン(フヨフヨ浮いている海洋生物)の代表格になっています。オキアミはフヨフヨ波に揺られながら植物性のプランクトンを食べて生活しています。

それでも脚を一生懸命動かせば多少は動けるようですね。

そんなオキアミですが繁殖能力はすさまじく、特に南極海に生息するナンキョクオキアミは合計4億トンもの量になると考えられています。これは地球上の人間全員分の体重と同じぐらいの重さです(全員50kg、総人口75億と仮定する)。

くじらさんがいくら食べても大丈夫なはずですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。