オペロン説-トリプトファンオペロン-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トリプトファンオペロンとは

大腸菌はトリプトファン(アミノ酸)がなくては生きていけない。大腸菌はトリプトファン合成酵素を持っており、トリプトファンが無い時は、トリプトファン合成酵素の遺伝子群(トリプトファンオペロン)が発現している。しかし、トリプトファンがある時には、リプレッサーによって転写が抑制されている。まとめると、次のようになる。

トリプトファンオペロン

http://classes.midlandstech.edu/

トリプトファンがない時

リプレッサーの遺伝子は発現し、リプレッサーは合成されているが不活性型である。そのため、オペレーターに結合できず、RNAポリメラーゼはトリプトファンオペロンを転写する。

トリプトファンがある時

トリプトファンがリプレッサーに結合し、活性型リプレッサーになる。すると、オペレーターに結合し、RNAポリメラーゼの転写を抑制する。

ラクトースオペロンとの違いは?

ラクトースオペロンの場合は、リプレッサーが始めから活性型として合成される。そのため、ラクトースがない時はリプレッサーがオペレーターに結合して転写を抑制する。一方、ラクトースがある時は、ラクトース代謝物と結合し、不活性型リプレッサーとなり、転写が促進される。つまり、トリプトファンとはON・OFFが逆なのだ。

  • トリプトファンオペロン:トリプトファンあり→転写スイッチOFF
  • ラクトースオペロン:ラクトースあり→転写スイッチON

ラクトースオペロン

http://classes.midlandstech.edu/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*