ちょっとディープな生物の世界

カライワシ上目の幼生「レプトフケファルス」の肉がスケスケで全身透明

レプトケファルスとはカライワシ上目(ウナギ目、フウセンウナギ目、カライワシ目、ソトイワシ目)の魚類に見られる平たく細長く透明な幼生のことで、大きさは5 cm前後かそれ以下から1 mを超す場合もあります。透明な生物が泳ぐ姿は神秘的です。

マアナゴのレプトケファルスは、高知県などで「のれそれ」と呼ばれており、主に生きたまま土佐酢、三杯酢などにくぐらせて、踊り食いにされることが多いとのこと。おいしそうです。

https://www.tosakatsuo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。