コロナウィルスとは?武漢新型コロナウィルスとSARSコロナウィルスとの違い

コロナウィルスとは

コロナウィルスは1本差RNAを持つウィルスです。コロナウィルス属のゲノムはRNAウィルスの中でも最大であり、30kbもあります。

https://en.wikipedia.org/

SARSコロナウィルス

コロナウィルスが一躍有名になったのは、SARSでした。SARSは重症急性呼吸症候群という病気の略称であり、その病原体はコウモリを宿主としていたコロナウィルスでした。何らかのヒトとの接触により、ウィルスが変化し、ヒトへの感染力を持つようになりました。2002年~2003年の流行では8000人が感染し、774人が死亡しました。

MERSコロナウィルス

MERSコロナウィルスは2012年に発見されたウィルスで、本来はヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすのみですが、ヒトに感染し重症感染を引き起こしました。2012年~2020年1月時点で2490人が感染し、850名が死亡しました。

武漢の2019新型コロナウィルス

2019年12月31日にWHOに報告されたウィルスです。ヒトからヒトへと感染し、WHOは1月31日に緊急事態宣言を出しました。致命率は3%程度ですが、爆発的な感染が懸念されています。

1月31日には国立感染研究所が分離に成功し、ウィルスゲノムの配列を確定しました。分離したウィルスを用いてワクチン開発を行う予定です。

下画像は国立感染症研究所がフリー配布している新型コロナウィルスの画像です。

https://www.niid.go.jp/

2019新型コロナウィルスとSARSコロナウィルスの違い

SARSの時と今回の感染を比較してみると以下のような違いがあります。

  1. 感染規模拡大の速さ
  2. 致死率

武漢での感染はSARSの感染スピードを遥かに上回っています。わずか発生から1か月しか経っていないのにも拘わらず総感染者数はSARSを上回り1万人を突破しました。

しかし、致死率はSARSでは10%だったのに対し、2019年新型コロナウィルスは3%に留まってます。

2019新型コロナウィルスの症状

40℃ほどの高熱と、全身倦怠感、吐き気を催し、重症な肺炎を引き起こします。

コロナウィルスはどのように増殖するの?

RNAウィルスは逆転写酵素を持っており、RNA情報を基にDNAを作りだすことができます。DNAは核内において転写・翻訳され、ウィルスが増産されます。

下はDNAウィルスの動きを再現した映像です。

どのように感染するの?

飛沫感染します。そのため感染者と接触しないこと、マスクをつけることが非常に重要です。アルコール消毒、次亜塩素酸ナトリウムでの消毒も有効です。

2 Comments

masamune

こういった最近の生物に関する記事はとても勉強になります。
またウイルスに関する正しい理解にも繋がると思います。

返信する
管理人

コメントいただきありがとうございます。
いつも訪門いただいていることにもありがとうございます。
何か皆様に役に立てるような記事が書ければ本望です。今後ともよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。