ちょっとディープな生物の世界

シーラカンスは背骨がなくホースのような管が通って柔らかい

シーラカンスの名前の由来にもなったホース状の背骨

シーラカンスは3億5000万年前から姿を変えていない「生きている化石」です。

シーラカンスは背骨がなく、ホースのようなチューブが頭から尾まで通っており、この中は油のような液体で満たされています。これを脊柱と呼びます。この脊柱が名前の由来となり、「中空の脊柱」を意味するギリシャ語の「シーラカンス」と名付けられました。

背骨がぐにゃぐにゃなので、他の魚のような尾びれを使って動きは得意ではありませんが、他の8つのヒレを使って器用に泳ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。