ちょっとディープな生物の世界

体のバランス悪すぎ!!極端に手が長いヤツ「テナガカミキリ」

テナガカミキリとは?

テナガカミキリ(Acrocinus longimanus)は鞘翅目カミキリムシ科に属するカミキリムシの一種です。メキシコからアルゼンチン北部にかけて生息しています。

photo by wikipedia.org

テナガカミキリの最大の特徴は極端に長い前脚です。オスの体長は7.5cmほどですが、前脚の長さは15cmあります。ちなみにメスの前脚はここまで長くありません。

photo by wikimedia

オスの前脚の使い方については長く議論されてきましたが、最終的にはオス同士が戦うためだということがわかりました。オス同士の戦いでは、長い前脚を相手の脚の付けにひっかけて木から放り投げます。勝者はメスと交尾することができるので、前脚の長い形質が強化されていったんですね。

photo by canopytower

体の模様もけっこういけてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。