宝石みたいなイラガの幼虫がすごい

https://www.flickr.com/

イラガとは

イラガ(Limacodidae)科はチョウ目の1つです。幼虫は多くの棘を持っており、その毒棘に触れるとハチに刺されたような痛みを生じます。下の幼虫は一種の警戒色としての派手さであると考えられます。

 その他にも様々な種類のイラガの幼虫がいます。いずれも警戒色としての目立つ体色を持っているようです。

イラガの成虫

イラガの幼虫は光をかざすと、体表にある針から一斉に液が分泌され、触れると激しい痛みを感じます。一方、成虫は無毒です。また、口吻が退化しており、何も食べないで過ごします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

また、イラガの幼虫が作る繭も特徴的な形をしています。終齢幼虫は越冬するために繭を作りますが、その繭には茶色の独特な模様があります。

https://ja.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。