春になりました。サクラの開花(花弁の細胞の急激な成長)のタイムラプス映像

開花は花弁の急激な成長によります。花弁の内側の成長速度が外側の成長速度よりも早く、結果的に花弁は外側に反り返りながら成長し、つぼみが開きます。

この急激な成長は、花弁を構成する細胞の容積の増大によります。細胞内のデンプン粒が糖に分解されて浸透圧が高まり、そのために細胞内に水が取り込まれることで、細胞の容積が急に増えるのだそうです。

開花が細胞の成長だと知ると開花がミクロの世界でのダイナミックな活動であることを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。