ちょっとディープな生物の世界

暗闇に光る無数の目??共生させている細菌を使って光るヤツ「ヒカリキンメダイ」

ヒカリキンメダイとは?

ヒカリキンメダイ(Anomalops katoptron)はキンメダイ目に分類される魚です。

photo by jungledragon.com

ヒカリキンメダイはキンメダイの仲間ですが、深海200~400mに生息しています。目の下には豆の形をした器官があり、ここに生物発光細菌を共生させています。まばたきによってこの共生細菌の発光をONにしたりOFFにしたりすることができます。

敵が現れると光を消して一斉に逃げ、ほとぼりが冷めるとまた光り出して群れを形成します。このことから、光は群れるためのコミュニケーションに使われていると考えられています。

目がチカチカする@@

エイリアンの目のよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。