木星が持つ巨大な嵐の目「大赤斑」が恐ろしすぎる

目のようで怖いです。

大赤斑の深さは、探査機「ジュノー」によってマイクロ波放射計を使って特定されました。木星に存在する巨大な渦の大赤斑は、大気の300キロの深さがあり、深さが増すとその温度が高くなることがわかりました。

こちらはNASA制作のアニメーションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。