海面上昇よりも地盤沈下による被害が甚大。フィリピンのシティオパリアハンが海に沈む

フィリピンの海岸町であるシティオパリアハンでは、2003年から年に5~6cmの地盤沈下が起きていることが衛星を使っての調査でわかりました(温暖化による海面上昇は年に3mm程度です)。その原因は地下水のくみ上げによるものと考えられています。

この海水流入によって数千人規模の人々が退去を余儀なくされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。