無顎類「ヤツメウナギ」の正面から見た顔面が怖すぎる!!

無顎類とは、名前の通り顎を持たない脊椎動物のことです。昔の生物は顎を持たず、円筒状の構造をしていたため、その時代の名残であると考えられています。つまり、「生きている化石」です。現存しているのは無顎類の中でも円口類(ヤツメウナギ類、ヌタウナギ類)と呼ばれるグループのみです。

こちらは口を解剖した動画です。舌の構造を見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。