ちょっとディープな生物の世界

耳が大きいけどウサギではない異次元なかわいさのヤツ「ミミナガバンディクート」

ミミナガバンディクートとは?

ミミナガバンディクート(Macrotis lagotis)は、哺乳綱バンディクート目ミミナガバンティクート科ミミナガバンディクート属に分類される哺乳類(有袋類)です。オーストラリアに生息しています。別名「フクロウサギ」とも呼ばれますが、ウサギではありません。

photo by wikiwand.com

ミミナガバンディクートは20日おきに発情する動物です。妊娠期間は14日であり、1回に2~3頭の赤ちゃんを産みます。

photo by flickr.com

カンガルーやポッサムと同じ有袋類に属しており、お腹にある袋で赤ちゃんを育てます。生後80日で袋から出ることができるんだそうです。

photo by wikipedia.org

ミミナガバンディクートは水を飲みません。超節水の動物で、生きるための水は食物から得られる分だけで十分です。昆虫、クモ、果物などを食べて生活しています。

photo by australian.museum

有袋類の独特な感じ好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。