ちょっとディープな生物の世界

臓器を体の前方に寄せすぎて肛門が喉元にあるヤツ「デンキウナギ」

デンキウナギとは?

デンキウナギ(Electrophorus electricus)はデンキウナギ目ギュムノートゥス科デンキウナギ属に分類される硬骨魚です。アマゾン川に生息しています。

photo by tnaqua.org

デンキウナギは発電する魚として有名です。放電して周囲の魚を気絶させて捕食します。デンキウナギの体の80%は筋肉細胞が変化した「発電板」と呼ばれる組織が占めています。

デンキウナギの消化器官は全て体の前方にまとめられており、体の殆どを発電器官が占めます。下画像の「Electric Organs」は全て発電器官です。

photo by britannica.com

内臓が前方に存在するため肛門も喉元あたり(えらぶたの直下)にあり、喉からウンコをします。喉からウンコが出るというとても奇妙な光景です。

喉元あたりにある穴「anus」が肛門です。
photo by wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。