ENJOY BIOLOGY!!

自傷行為に及んでしまうレッシュナイハン症候群の少年が日々たくましく生活するドキュメンタリー

ワシントン州レントンのDavey Wicklundさん(11)は、彼の筋肉のコントロールに影響を及ぼすまれな遺伝性疾患で、Lesch Nyhan症候群と呼ばれています。レッシュナイハン症候群とは基本的に自己怪我を伴う脳性麻痺で、デイビーは立ち上がることができず、彼は長時間頭を引き上げることができません。精神遅滞が見られ、噛むなどの自傷行為を行うためゴム製のキャップを口にはたり、腕の動きを制限したりしています。

こちらは違うレッシュナイハン症候群の患者さんの様子です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。