色盲の方が使う色覚補正メガネってどういう仕組みで色が見えるようになるの?

脳では目がキャッチしたRGB(赤、緑、青)の3色を認識することによって多様な色が生み出されています。赤色色覚異常を持っているヒトは、赤色と緑色の認識が重なっており、脳に赤と緑が混ざった情報を送ってしまうため、うまくそれぞれの色を認識することができません(他の原因の場合もあります)。

色覚補正メガネでは赤と緑の中間色(黄色)の波長を除外することによって、赤色と緑色の波長を際立たせ、混ざることなく脳に信号を送ります。その結果、赤と緑をしっかりと識別できるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。