草食動物(シマウマ)の視野範囲の観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

草食動物は目がヒトとは異なり、顔の両側に位置している。そのため、視野の広さを確保できていると言われている。どれくらいの視野があるのか、ペーパークラフトのお面を用いて確認する。

準備

以下のページからシマウマのペーパークラフトをダウンロードし、頭部のみを400倍で印刷する。

https://global.yamaha-motor.com/

実験方法

一人がシマウマの頭を被り、片目ずつ視野を確認していく。

http://blog.livedoor.jp/

もしくは豆電球をシマウマの目の位置に設置し、照らされた範囲を調べることで、視野の範囲を測定する。

http://blog.livedoor.jp/

または、拡大コピーせずに、小さいままのシマウマの頭部を作成し、シマウマ頭部を回転させながら目の見える位置の範囲を測定する方法もある。

http://ameblo.jp/wakaru-rika/

結論

次のような視野が確認できるだろう。ヒトと比べてみると面白い。肉食獣のペーパークラフトも同サイトにあるので、作成してみても良いかもしれない。

http://sciencewindow.jst.go.jp/

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*