ちょっとディープな生物の世界

酢酸オルセインと酢酸カーミンの違い

酢酸オルセイン・酢酸カーミンとは?

どちらの物質も細胞の核を染色するために使われる染色液である。酢酸は組織を固定する働きをもっており、酢酸にオルセインやカーミンといった色素を溶かして作られる。

https://commons.wikimedia.org/

なぜ核が染まる?

DNAはリン酸の水素イオン(H+)が電離しているため、DNA全体が負に帯電している。オルセインやカーミンは正の電荷を持つ物質であるため、DNAに引き寄せられ核が染まるのである。

https://en.wikipedia.org/

酢酸オルセインと酢酸カーミンの違い

用途や性質(核を染める、正に帯電している)はどちらの溶液も同じであるが、酢酸に溶解している物質が異なる。オルセインは以下のような構造を持つ物質である。

https://en.wikipedia.org/

カーミンは別名コチニール色素、又はカルミンレッドK、カルミンレッドMK-40、カルミンレッドKL-80、クリムゾンレーキ、ナチュラルレッド4、C.I. 75470、E120などと呼ばれる。カルミン酸と呼ばれる物質(下画像)がカーミンの色素の主成分である。

http://www.wikiwand.com/

コチニール色素は昆虫から抽出されることで有名。コチニール色素は様々な食品で着色料として使われている。

https://ja.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。