頭につけた気泡を酸素ボンベとして長時間潜水することが可能なトカゲ「ウォーターアノール」が見つかる

潜水するトカゲ「ウォーターアノール」(学名:Anolis aquaticus)は米ニューヨーク州立大のリンゼイ・スウィアーク博士が見つけました。気泡を頭につけることによって、最長16分間潜水が可能となり、敵から逃げるのに有利なんだそうです。

頭につけた気泡はトカゲの呼吸と共に動いており、しっかりと呼吸に使われていることがわかります。しかし、同じ空気のリサイクルで必要な酸素が得られているのかはまだわからないそうです。

ちなみに海女さんの潜水時間は長くても2分とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。