ちょっとディープな生物の世界

120mを超える崖からジャンプさせられるカオジロガンのヒナ

カオジロガンとは?

カオジロガンは北極圏のグリーンランドに生息するカモ科の鳥です。カオジロガンは断崖絶壁の非常に高い場所に巣を作ります。

ヒナが孵化すると、親は飛んで崖の下に降りていき、ヒナたちに飛び降りるように叫びます。その高さは120mを超えます。ヒナたちは怖がりながら飛んでいき、ボヨンボヨンと岩にあたりながら下っていきます。多くのヒナは生存しますが、当たり所が悪ければ即死します。

せっかくジャンプしたのにカラスに攫われてしまいました…無慈悲!

ダイジェスト版です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。