硝化・窒素同化・窒素固定・脱窒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硝化

死体などから発生するアンモニウムイオンNH4+は土中の亜硝酸菌によって、亜硝酸イオンNO2へと酸化される。また、亜硝酸イオンは硝酸菌によって硝酸イオンNO3へと酸化される。この働きを硝化と呼ぶ。

硝化

syouka

窒素同化

植物は土中から硝酸イオンやアンモニウムイオンを根から吸収し、アミノ酸や核酸、ATPなどを合成することができる。この働きを窒素同化と呼ぶ。植物は硝酸イオンを吸収し、アンモニウムイオンへと還元する。アンモニウムイオンを直接根から吸収する場合もある。窒素同化では次の反応は葉緑体で行われる。

  1. アンモニウムイオンはグルタミン酸と結合し、グルタミンとなる。この反応はグルタミン合成酵素が行う。
  2. グルタミンはα-ケトグルタル酸にアミノ基を渡し、グルタミン酸となる。この反応はグルタミン酸合成酵素が行う。
  3. グルタミン酸は、各種の有機物にアミノ基を渡し、各種のアミノ酸が合成される。この反応はアミノ基転移酵素(トランスアミナーゼ)が行う。

窒素固定

根粒菌やある種のシアノバクテリア(ネンジュモ・アナベナ)は大気中の窒素を体内に取り込んで還元し、アンモニウムイオンNH4+に変えることができる。これを窒素固定という。根粒菌はマメ科の根に共生しており、単独では窒素固定は行わない。

konryukonryu2
根粒菌と根粒菌が共生している根

nenjumoanabena
ネンジュモ(左)とアナベナ(右)

窒素固定細菌には根粒菌の他にアゾトバクタークロストリジウムが存在する。アゾトバクターは土壌中・水中に生息する好気性細菌で、クロストリジウムは酸性の土壌に生息する。

Azotobacter_cells
アゾトバクター

Clostridium_difficile_01
クロストリジウム

脱窒

また、土壌中のNO3-、NO2-などの窒素化合物から窒素N2を取り出す働きを脱窒という。これは脱窒素細菌の働きにより行われる。

datuchitu
脱窒細菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 横山楓 より:

    アミノ基転移酵素はトランスアミ「ラ」ーゼではなくトランスアミ「ナ」ーゼかと思われます。

  2. 管理人 より:

    誤表記でした;w;訂正コメントありがとうございました。訂正いたしました・w・

コメントを残す

*