動物の組織-上皮・結合・神経・筋組織-

動物の組織とは

動物の組織は、上皮組織、結合組織、神経組織、筋組織の4つがある。

ちなみに、組織のワンランク上の単位は器官であり、様々な組織が集まって器官(例:心臓、胃など)を形成する。さらに様々な器官が集まって個体を形成する。つまり、動物の階層構造は次の通りとなる。

個体 ⇒ 器官 ⇒ 組織 ⇒ 細胞

上皮組織

体の表面や、消化管・血管の内面を覆う組織である。繊毛上皮などがある。

https://en.wikipedia.org/

血管や分泌腺などの表面も上皮組織に含まれる。

https://en.wikipedia.org/

結合組織

組織や器官の間を満たしている。血液硬骨組織軟骨組織がそれに当たる。結合または支持する役割を持つ。下画像は左から、血液、硬骨、軟骨である

https://en.wikipedia.org/

神経組織

主に神経細胞からなる組織である。

https://en.wikipedia.org

筋組織

筋細胞からなる組織である。筋細胞は細胞骨格(アクチンとミオシン)の繊維を多く含むため筋繊維とも呼ばれている。筋線維が集ったものを筋肉と呼ぶ。

https://en.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。