細胞の構造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞内容物の分類

細胞は細胞質に分けることができる。

細胞
細胞質

核には、核膜、核液、染色体、核小体などがある。

核膜
核液
染色体
核小体

細胞質には、細胞質基質、細胞膜、ミトコンドリア、色素体(プラスチド)、中心体、ゴルジ体、リボソーム、リソソーム、小胞体、液胞などがある。植物細胞には核と細胞質の他に、細胞壁細胞含有物などもある。

細胞質 細胞質基質
細胞膜
ミトコンドリア
色素体(植物細胞のみ)
中心体
ゴルジ体
リボソーム
リソソーム
小胞体
液胞

核膜

核は核膜と呼ばれる2重膜に包まれている。核膜は細胞質である小胞体とつながっている。核膜には核孔(核膜孔)と呼ばれる穴が無数に開いている。核孔を通って様々な物質が移動する。

核液

核膜内には核液と呼ばれる粘度の高い液体が満ちている。DNAの材料や様々な酵素が含まれている。

染色体

核膜内には、染色体と呼ばれるDNAがコンパクトにまとまった塊が存在する。DNAがヒストンと呼ばれるタンパク質に絡まって構成されている。酢酸オルセイン溶液酢酸カーミン溶液などの塩基性色素によって染色できる。

核小体

核に1~数個存在する。rRNA(リボソームRNA)を作っている。

細胞質基質

様々な化学合成が行われる場所。ほとんどが水で満たされている。細胞質が動く原形質流動が見られる。

細胞膜

リン脂質が2重になったリン脂質二重層と呼ばれる構造である。膜には様々な膜タンパク質が埋め込まれている。

ミトコンドリア

独自のDNAを持ち、勝手に増えたりする。呼吸をしているのはここである。

ミトコンドリア

色素体(プラスチド)

葉緑体、有色体、白色体、アミロプラストなどがある。葉緑体は光合成の場である。葉緑体は独自のDNAを持っており、2重膜で包まれている。クロロフィルなどの光合成色素を持っている。

葉緑体
http://virtualplant.ru.ac.za/

有色体(下画像右)は花などの色素の合成、白色体(下画像左)は有機物の合成・貯蔵を行う。色や機能によって、葉緑体、白色体、有色体などに分けられるが、これらは固定されたものではなく、互いに分化ないし再分化することができるものである。

白色体
アミロプラストとは、白色体の一種であり、デンプン粒を含んでいる。栄養貯蔵の他、重力感知などに関わる。
アミロプラスト

中心体

動物細胞や藻類、シダ植物のみに見られる。中心粒と呼ばれる2個の筒が直角に位置し、細胞分裂の際に関与する。

中心体

ゴルジ体

細胞内の郵便局屋さん。細胞の分泌活動に関係し、どの物質がどこにいくのかを示す化学装飾を行う。

ゴルジ体

リボソーム

粗面小胞体に付着しているものもあれば、細胞質にもある。rRNA(リボソームRNA)とタンパク質から構成されている。mRNAからタンパク質を合成する。

リソソーム

細胞内消化を行う。そのための酵素を含んでいる。

リソソーム

小胞体

粗面小胞体滑面小胞体がある。粗面小胞体はタンパク質などの物質の移動通路となっており、滑面小胞体は脂質合成の場となっている。

液胞

植物細胞のみに見られる。内部は細胞液で満たされており、塩類、糖類、有機酸、アントシアニンなどが溶けている。浸透圧調節などにも関与する。

液胞

細胞壁

植物細胞のみに見られる。セルロースでできている硬い壁。

細胞含有物

デンプン粒(下画像)、脂肪粒などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*