進化論の変遷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1809年 ラマルク 用不用の説

使われる器官は発達し、使われない器官は退化する。

1859年 ダーウィン 自然選択説

自然選択によって、適者生存が起こり進化する。

自然選択

1868年 ワグナー 隔離説

隔離が起こることによって種分化が起こる。

1901年 ド・フリース 突然変異説

進化は突然変異によって起こる。

1968年 木村資生 中立説

DNAの塩基配列の変化のほとんどは、自然選択に影響のない中立的な進化が殆どである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*